貯水槽清掃・消毒・簡易水道水質検査

受水槽の有効貯水容量が10立米以上のものを簡易専用水道といい、年1回の清掃が義務付けられており、簡易専用水道検査を受けなければなりません。
また、該当する建物が特定建築物の場合、ビル管法の適応により年2回の水質検査が必要となります。

貯水槽清掃・消毒

ビルやマンションで使う水道水は、貯水槽に貯められています。貯水槽の清掃・消毒は、建物の所有者が、年1回行うことが義務付けられています。
 清掃を怠ると赤水.匂いの原因になり水道管の錆や水道水の味の変化に影響します。

第四章 簡易専用水道

(管理基準)第55条
法第三十四条の二第一項 (※下記)に規定する厚生労働省令で定める基準は、次の各号に掲げるものとする。

1、 水槽の掃除を一年以内ごとに一回、定期に、行うこと。
2、水槽の点検等有害物、汚水等によつて水が汚染されるのを防止するために必要な措置を講ずること。
3、給水栓における水の色、濁り、臭い、味その他の状態により供給する水に異常を認めたときは、水質基準に関する省令 の表の上欄に掲げる事項のうち必要なものについて検査を行うこと。
4、供給する水が人の健康を害するおそれがあることを知つたときは、直ちに給水を停止し、かつ、その水を使用することが危険である旨を関係者に周知させる措置を講ずること。
(検査)第56条
法第三十四条の二第二項 の規定による検査は、一年以内ごとに一回とする。

1、検査の方法その他必要な事項については、厚生労働大臣が定めるところによるものとする。
(簡易専用水道)第34条の2
簡易専用水道の設置者は、厚生省令で定める基準に従い、その水道を管理しなければならない。

1、簡易専用水道の設置者は、当該簡易専用水道の管理について、厚生省令の定めるところにより、定期に、地方公共団体の機関又  は厚生大臣の指定する者の検査を受けなければならない。
(簡易専用水道の適用除外の基準)第1条の2
法第三条第七項ただし書に規定する政令で定める基準は、水道事業の用に供する水道から水の供給を受けるために設けられる水槽の有効容量の合計が10立方メートルであることとする。
清掃業(ビルメンテナンス業)・フロアコート施工業各種
会社名:有限会社 馬野クリーンサービス
〒734-0022 広島県広島市南区東雲一丁目10-6

加 盟:日本コーティングアライアンス(JCA)加盟:中国・四国エリア施工担当
    広島商工会議所
取引先:広島市(市内消防局、安芸区役所、広島市立舟入高校 等) 広島県

どんな小さな疑問や悩み事でも、親切丁寧にお応えし解決します。

無料相談・無料見積もり実施中です。今スグお気軽にご質問やご相談くださいませ。